タリオン | 薬通販ネットワーク






タリオン

僕自身「アレルギー性鼻炎」は花粉症の時期だけに起こる症状ではありません。
一年中この「アレルギー性鼻炎」に悩まされています。
そこで近所の耳鼻科の病院で「タリオン」という薬を処方してもらいました。
僕は鼻炎の症状が出ると鼻が詰まってしまい、口呼吸しかできなくなってしまいます。
そして寝る時に症状が強く出てしまうとなかなか寝付けず睡眠の質も低下してしまいます。
しかしこの「タリオン」という薬を飲み始めてから鼻が詰まるという症状はなくなりました。
それだけでもありがたい効果です。

じつは以前は病院に行くのが面倒で市販の「鼻炎スプレー」を使っていました。
鼻炎スプレーは使ってすぐ効果が表れるのですが、しばらくするとまた詰まりだし一日に何度も使ってしまいました…。
市販の鼻炎スプレーは即効性はありますが医師によると使いすぎるとかえって症状がひどくなってしまうそうです。
「タリオン」は一日朝、夕、食後に一錠です。

よく鼻炎の飲み薬は副作用で「眠くなる」という事を聞いたことがありますが、僕自身は眠気はあまり感じません。
ただ、口の中が乾くという副作用は出てしまいますが、そんなにしんどい程の副作用ではありません。
「花粉症」に代表される「アレルギー性鼻炎」は僕の経験上しっかりと耳鼻科医の診察を受けることをおすすめします。
市販薬や僕が以前使っていた「鼻炎スプレー」などは正直僕のように一年中つきまとわれている鼻炎にはあまり効果はないように思えます。
そしてかえって症状を重くしてしまう気もします。

医師に相談し「タリオン」を飲めば、ほとんど鼻炎の煩わしさは解消されると思います。
「タリオン」を服用するようになってから二年くらいが経ちますが市販の鼻炎スプレーのような使っても使ってもすぐに症状がぶり返すという事はなくなりました。
アレルギー性鼻炎というのはありふれた病気ですが、一日朝と夕方に飲むだけですのでそんなに苦になるものでもありません。
人によっては、「薬を飲むのが面倒」とか「病院に行く時間がない」など言いたいことは山ほどあるとは思いますが、(以前の僕がそうでした…。)
専門の病院に行き、しっかりと診察を受け、医師が処方してくれた薬を忘れずに飲むというのが一番上手な病気との付き合い方だと思います。

これは「アレルギー性鼻炎」の話に限らずどんな病気でも言える事だと思います。
今や「国民病」ともいわれる「花粉症」や「アレルギー」…。
自分の体は自分が一番分かっているというのは勘違いだと僕は常々感じています。
病院に行き適切な薬を服用する。
お医者さんは僕以上に僕の体の事を分かってくれる良き理解者だと感じますし「タリオン」を服用し鼻炎の症状が抑えられているのですからこんなに嬉しいことはありません。