潤腸湯 | 薬通販ネットワーク






潤腸湯

私が使用した事のある薬の中で、潤腸湯という漢方薬があります。
便秘がちなので、始めはマグラックスという錠剤を病院で処方していただいていました。マグラックスはとても効果があったのですが、突然この薬が効かなくなりました。環境の変化があったためなのか、ストレスのせいなのかはわかりませんがそういう要因も考えられる中、体重も激減したため病院へ行きました。腸注検査やCT、血液検査、便潜血検査など様々な検査をしましたがこれといった異常は見つからず原因不明で、おそらく過敏性腸症候群だという事になりました。膨満感がひどかったのでこの潤腸湯が処方されました。

この漢方薬は痙攣性や弛緩性などの便秘にも穏やかな効果があり、便通を良くする薬だと伺いました。現在も飲み続けておりますので、使用期間は約4ヶ月になります。

元々粉薬を飲むのが下手なのですが、この薬は苦手な粉薬という事以外に、独特の匂いと味が苦手なので、始めは市販されている薬を包むゼリーに混ぜて服用していました。残念ながらそれだとかえって苦味が増すように感じられ、今は何もせずにそのまま服用しています。お湯に溶いてゆっくり飲むと良いと言われていますが、どうしても匂いがだめです。服用時はなるべくぬるま湯で飲むようにはしています。

本来は食前に飲む薬ですが、飲み忘れたり、体調が悪くて食前に飲みにくかったりしたら食後でも良いと言われておりますので、その日の胃腸の具合によって食後に飲むこともあります。又1日3回服用できますが、時々急に下痢を起こしてしまうので1日2回にする事もあります。体調も関係するのか便秘や下痢を繰り返す事があるのですが、どういう時に下痢してしまうのかがよくわからず、回数の調節がなかなか難しいです。
胃も弱いので、匂いが特に強く感じたり、ムカムカしたりする時は無理して服用しないようにもしています。

私にとっては服用や量の調節面で多少難しさはありますが、膨満感の方には少しずつ効果が出始めているように思いますので、もう少し続けてみようと思っています。