医療改善ネットワーク(MIネット)
                    会員用メーリングリスト規程

MI-net logo                    2001. 11. 1 版

 メイン・ページに戻る

counter  since Jan. 22, 1999


1 はじめに

 医療改善ネットワーク(MIネット)は、会員用のメーリングリスト(以下「ML」)として、mi-netmi-lの2つを設けています。
 (ほかに、部会用や世話人用のMLを適宜設置して運営しています。)
 この2つのMLの目的・性格などは以下のとおりです。

■mi-net
 MIネットの総会的なもので、MIネットのオフィシャルな議題(MIネットという団体としての意思形成や取組み)についての議論の場です。また、会員向けのニュースレター的な投稿やアナウンスなどに利用されます。
 会員は加入が必須です。会員は、mi-netからの配信メールについては目を通すことが期待されます。

■mi-l
 MIネットの会員の交流の場で、MIネットのオフィシャルな議題以外について、各会員が相互に情報交換・意見交換等を行う場です。ノン・オフィシャルな交流の場ですから、気楽に投稿できます。「l」(エル)は「ラウンジ」の意味です。
 会員は加入するかどうかは自由ですし、脱退も自由です。

■参考:イメージ
 リアルワールドでのことに準じると、比較的区別をつけやすいと思います。
 以下のようなイメージです。

−−−−−−−
 ○○会館のホール(議場)でMIネットの総会が行われている。
 総会では、オフィシャルに議題として設定されたことについての議論とか、△問題についてMIネットとしてどういう活動に取り組むかなどについて議論が行われている。

 ○○会館にはラウンジもある。
 総会の休憩中など(あるいは進行中)に、会員はラウンジで他の会員と交流している。ラウンジでの話はいろいろなことに及ぶ。
 その話の中では、
A「こんにちは。藤田です。東京で弁護士をしています。」
B「静岡の栗岡です。□を研究しています。」
A「この間の◇事件判決は問題ですね。」
B「そうですね。私も・・・と思っています。」
・・・
A「ところで、近くにいい店があるんですが、総会が終わったら、飲みに行きませんか。」
B「行きましょう。○時の新幹線に乗るまでは時間があります。」
とか、また、趣味についての話も出たりする。

 あるいは、
A「△問題についてですが、私は・・・と思うんですがね。」
B「なるほど。総会で提案(又は意見表明)をしたらどうですか。」
A「じゃあ、提案してみましょう。」
などの話になり、Aは議場に戻って、総会で提案(又は意見表明)をする。

 時間がないなどの事情から、Cは、会員としての務めから総会だけに出席して、 ラウンジでは特に誰とも話さないまま、急いで○○会館をあとにした。
−−−−−−

■MLとは

 MLは、MLサーバーと呼ばれるコンピュータあてに電子メール(以下「メール」)を送信すると、登録されているメンバー全員にそのメールが送信される仕組みです。これにより、メンバーの間での意見交換・情報交換などが効率的に行えます。インターネットを利用した会議の場と考えることもできます。

 mi-netは niftyのメーリングリスト・システムを利用しています。
 niftyのメーリングリストのマニュアルは、
http://www.nifty.ne.jp/ml/uManual.htm
にあります。

 mi-lは、freemlのメーリングリスト・システムを利用しています。
 freemlのメーリングリスト参加者のためのヘルプ&ガイドは、
http://www.freeml.com/help/faq.php
にあります。

 ご参照ください。

2 参加について

 医療改善ネットワーク(MIネット)に入会し、電子メールアドレスを持っている人は、mi-netmi-lに登録(subscribe)されます
 mi-lについては、脱退(unsubscribe)することができます。省力化のため自分で脱退手続をお願いしています。

 mi-netmi-lの登録手続が完了したら、それぞれのMLサーバーから、登録された旨のメールが届き、その後の投稿が配信されるようになります。

★注意 登録された後でも、配信エラーのメッセージが複数回返ってきた場合は、unsubscribeさせていただくことがありますので、ご了解ください。
  なお、mailbox full という理由でも配信エラーが発生します。特にniftyをご利用のかたに多いようです。ご注意ください。

★注意 MIネットの会費の納付がない場合にはunsubscribeさせていただくことがあります。

3 投稿について

■mi-net
 投稿先アドレスは、
mi-net@mla.nifty.ne.jp
です

■mi-l
 投稿先アドレスは、
mi-l@freeml.com
です。

 はじめて参加されたときには、mi-lに、まず自己紹介文を投稿することをお勧めします。
 リアルワールドでも初対面のときは、まず自己紹介から始めるように、MLでも自己紹介から話が始まることがありますし、MLは顔が見えない場ですから、自己紹介があると、ほかのメンバーも安心して投稿しやすいという面があります。

 「件名(Subject)」には、「はじめまして(山田)」とか「自己紹介(田中)」などがわかりやすいかと思います。
 自己紹介的なこととしては、例えば、氏名、所属などのほか、
 ・ 医療の改善について思っていること
 ・ 医療改善ネットワーク(MIネット)に入会した理由やきっかけなど
など
も考えられます。

 なお、投稿にあたっては、<ネチケット>にご留意ください。

 MLはメンバーの積極的な投稿により成り立ちます。
 自分が得た情報、知っている知識等が、「誰かの何らかの役に立つかも知れない」と考えて投稿することが重要です。また、「自分が知らないことは、他の人も知らなくて、知りたいと思うかも知れない」と考えて質問の投稿をすることも意味があります(ただ、インターネット上で簡単に調べられることは自分で一応調べた上での方がよい場合もあります。)。
 ご協力をよろしくお願いします。

 投稿をすると、それに対するレスポンスを期待しがちな気持ちになります。
 でも、同様の関心を持っていなかったり、忙しかったり、答えにくい内容だったりなどして、レスポンスがないこともありえます。これはリアルワールドでも同様だと思います。レスポンスがないからといって、また、すぐにレスポンスがないからといって落胆しないようにしてください。
 また、自分自身も他の人の投稿に積極的にレスポンスをすることによって、自分の投稿へのレスポンスも得られやすくなるという面があります。

★注意 レスポンスしやすいメールとレスポンスしにくいメールがあります。
 前提となる事実の記載や説明が不十分なメール、1つの文章で多くのことを書いているメール、段落が分けられていないメールなどは一般にレスポンスをしにくいようです。

4 受信について

■mi-net
 配信されるメールには、件名(Subject)に
[mi-net 1111]
などの表示が付きます。

■mi-l
 配信されるメールには、件名(Subject)に
[mi-l:1111]
などの表示が付きます。

 もし欠けている番号がありましたら、何らかのエラーがあったものと思われます。
 欠けているメールを入手するためには、「過去のメールの取り寄せかた」をご参照ください。

★注意 配信されるメールが多くて煩わしいと思うかたは、メール用ソフトの「メール振り分け機能」などを利用して、一定のフォルダ(ディレクトリ)にmi-netやmi-lからの配信メールが入るように設定してください。

 なお、自分に関心がない話題についてのメールが配信されることはMLの性質上やむをえないことです。すべての話題についてメンバー全員が常に関心を持つことは通常ありえません。(購読している新聞・雑誌等の場合でも、すべての購読者が常にすべての記事に関心を持つわけではないこことと同様です。)

5 他のメンバーのメールの利用について

 mi-netmi-l上での投稿は、投稿者の明示の承諾がない限り、印刷しての配布、他のメーリングリストへの転載、その他メンバー以外の者の目に触れるようにすることはできません。
(これは、mi-netやmi-lのローカル・ルールですが、それ以上に、投稿者の著作権その他の権利を侵害することがありえます。)

 mi-netやmi-l上の投稿により知ったこと・学んだことを自己の思索や活動に役立てることはできます。投稿者が特定できない方法で、「ある人が・・・というような意見を言っていた」とか、「・・・という情報がある」と話したり、書いたりすることはできますが、意見表明者や情報提供者が特定できる形(投稿者に何らかの不利益や責任が及ぶおそれがある形など)では、話したり、書いたりすることは、本人の承諾がない限りはできません。

6 脱退などについて

■mi-net
 脱退するには、
Majordomo@mla.nifty.ne.jp
あてに、
unsubscribe mi-net <あなたのメールアドレス>
をメール本文の最初に書いて送信してください。

 なお、MIネット(という団体)から退会するのか、会員用MLであるmi-netに参加しないことにするだけなのかを、
担当の
堀会員 BYR16064@nifty.ne.jp あてに、
ご連絡ください。

 旅行その他でメールが使えない期間が長くなる場合、お使いのサーバーがメンテナンス等のため支障が出てくる場合などで、mi-netからの配信エラーが予想されるときに、一時的にunsubscribeすることもできます。

■mi-l
 自分で脱退(unsubscribe)手続をされるようお願いしています。
 なお、忙しいなどの理由で読めないとき、脱退以外に、一時配信停止をすることができます。

(1)脱退
 次のメールを送信してください。
宛先 majordomo@freeml.com
件名(subject) (なし)
本文(以下の2行)    
unsubscribe mi-l [アドレス]
end

 なお、freeml.comに登録すると、ウェブ・ページからボタンを押して脱退手続ができます。

(2)一時配信停止
 freeim.comに登録すると、ウェブ・ページで過去ログを読むことができるほか、メールの配信をやめてウェブ・ページだけで読むこともできるようになります。
 一時的に忙しいので配信をストップしたい、という方には、こちらが おすすめです。
 設定は、
http://www.freeml.com/
からできます。

7 メールアドレスの変更について

■mi-net
 ご自分のメールアドレスを変更する場合は、
担当の
堀会員 BYR16064@nifty.ne.jp あてに、
Subject(件名)を
mi-netアドレス変更依頼
と書いて
★注意 「mi-net」と明記しないと、どのMLのためにアドレスの変更を希望するのかがわかりません。)、

本文に、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
旧アドレスと新アドレスは以下のとおりです。
abc@def.or.jp
ghi@jkl.ne.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
と書いてください。
(mi-net管理者がMLサーバーにコマンドのメールを送るために便利なためです。)

■mi-l
 ご自分のメールアドレスを変更する場合は、旧アドレスでの脱退(unsubscribe)をした上で、
担当の
今井会員 etsukoi@wb3.so-net.ne.jp 又は
芥川会員 ei4f-aktg@asahi-net.or.jp 又は
栗岡会員 yz1m-krok@asahi-net.or.jp 又は jsmkur@ipc.shizuoka.ac.jp 
あてに、
Subject(件名)を
mi-lアドレス変更
と書いて
★注意 「mi-l」と明記しないと、どのMLのためにアドレスの変更を希望するのかがわかりません。)、

本文に、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
旧アドレスと新アドレスは以下のとおりです。
abc@def.or.jp
ghi@jkl.ne.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
と書いてください。
(mi-l管理者がMLサーバーにコマンドのメールを送るために便利なためです。)


★注意 旧アドレスも書いていただかないと、どのアドレスを抹消してよいのかが管理者にすぐにはわからないことがあります。

★注意 万一にも、なりすましがあってはいけませんので、アドレス変更依頼のメールは、旧アドレスから送信してください。何らかの事情で旧アドレスからの送信ができない場合は、本人であることを確認しやすい情報を記載してください。

★注意 アドレス変更依頼のメールを出した後は、投稿にあたって、Fromヘッダのアドレスを新アドレスに変えるようにしてください。(そうしないと、アドレス変更後に送信した投稿はMLサーバーに蹴られて、配信されません。)

8 過去のメールの取寄せかた

■mi-net
 アーカイブ機能がある設定になっていますので、過去のメールを取り寄せることができます。

 ファイル(メール)一覧を取り寄せるには、
Majordomo@mla.nifty.ne.jp
あてに、本文に
index mi-net
というコマンドを書いたメールを送ります。
すると、ファイル(メール)一覧が送られてきます。

 ファイル(メール)一覧の中から指定したファイル(メール)を取り寄せるためには、同じあて先に、本文に、
get mi-net ファイル名
というコマンドを書いたメールを送ります。
すると、指定したファイル(メール)が送られてきます。

 例えば、100番のファイル(メール)を取り寄せたいときは
get mi-net 100
と書いたメールを送ります。

■mi-l
 freemlのウェブ・ページ上で過去メールを見ることができます。


 メイン・ページに戻る