診療情報の開示に関する取扱方針 (群馬県立循環器病センター)
1 目的
 群馬県立循環器病センター(以下、病院という。)は、患者が自己の診療情報を医療機関と共有し、疾病の診断や治療の内容を理解した上で診療について自己決定を行うことが重要であることを認識し、診療情報を積極的に患者に提供することにより、病院と患者が相互に信頼関係を築き、共同して疾病を克服することを目的として、診療情報に関する取扱い方針を定める。
2 診療情報提供の基本方針
 診療情報の提供は、次の事項を一般原則として、患者の治療効果を高めることを基本とする。
@インフォ一ムドコンセントの充実
A具体的状況に即した診療情報の提供
B申請に基づく診療録等の開示
C知らないでいたい希望の尊重
3 開示する診療情報の範囲と内容
(1)診療情報の範囲
 診療録(カルテ)、看護記録、検査記録、処方箋、診断用画像など患者の診療を目的として職員が作成した記録(診療諸記録という。)とする。
 ただし、他の医療機関の医師からの紹介状等第三者が作成した文書及び第三者から得た情報は除く。
(2)診療情報の内容
 診断病名、予後、処置及び治療方針、処方する薬剤の名称、服用方法、効能、特に注意を要する副作用、その他治療を行う上で必要な事項
4 診療情報開示の対象者
 原則として次に定める者とする。ただし、開示することにより患者及び第三者の不利益となる場合は開示しないことができる。
@患者本人
A患者が未成年者若しくは禁治産者である場合は法定代理人。
 ただし、本人が満15歳以上の未成年者の場合は本人同意を得るものとするほか疾病の内容によっては本人のみの請求を認める。
5 開示の方法
 開示の方法は、主治医立ち会いの下に診療諸記録の閲覧または閲覧及び謄写によるほか必要により説明文書の交付を行うものとする。
6 費用負担
 診療諸記録の謄写等に要する経費については、実費を徴収する。
7 実施時期
 平成11年6月1日
 ただし、申請に基づく診療録等の開示については、平成11年6月1日現在で群馬県立循環器病センターで診療を継続している者及びそれ以降において診療を開始した者から適用する。


診療情報開示事務処理要領 (群馬県立循環器病センター)
1 趣旨
 この要領は、診療情報の開示に関する取扱方針に基づき、群馬県立循環器病センターにおける診療情報の開示に関する事務処理について、必要な事項を定めるものとする。
2 開示申請の受付
(1)診療諸記録の開示を申請するものは、医事課受付窓口に診療報酬開示申請書(別紙様式第1号)を提出する。
(2)開示申請書が提出された場合は、開示申請者が本人または法定代理人であるかについて、運転免許証、旅券、健康保険等の被保険者証、国民年金手帳、厚生年金手帳、戸籍謄本などの提示を受け確認し、受理する。
3 開示の決定
(1)開示申請を受理した場合は、開示の可否(一部開示を含む)について、関係者に意見を照会し、意見を付して院長の 決裁を受ける。
(2)開示の判断は、申請書の受理から15日以内とする。ただし、特別な事由により期限内に開示の判断ができないときは、その期間を延長することができる。その場合は、その旨開示申請者に通知する。
(3)開示決定は、別紙様式第2号により開示申請者に通知する。
4 開示の方法
(1)開示する場合は、前記2(2)に準じて本人または法定代理人であるかについて確認する。
(2)開示の方法は「閲覧」を原則とし、申請に基づき写しの交付を行う。なお、閲覧日に 交付が困難な場合は、別紙様式第3号を作成し、申請者に交付する。
(3)謄写等の交付を行う場合は、次に定める費用を納入する。
 区 分  費 用   複写用紙 1枚につき  30円 X 線写真等 大角以上 1枚につき 790円 四つ切り又は大四つ切り 1枚につき 590円 六つ切り以下 1枚につき 440円  その他   実費
(4)費用の納入は、医事課の発行する納入告知書により病院会計窓口に納入する。
(5)謄写等の交付は、費用の納入の後に行う。
5 その他
 この要領に定めのない事項については、別途定めるところによる。
6 付則
 この要領は、平成11年6月1日から施行する。


MI-net index
kaiji index