緊急アピール



●なぜ精神科は医者や看護者数が他の診療科よりも少ないことが認められるのでしょうか?
2000年9月1日                      
大阪精神医療人権センター 山本 深雪
東京精神医療人権センター 小林 信子


 第3回「精神病床の設備構造等の基準に関する専門委員会」での検討メモとその議論過程に危機感を抱き、次回に向けて差別のない精神科医療実現のための議論を強く要請いたします。専門委員会での議論は、精神科職員の配置基準を 医者 48:1 看護4:1 という他科より一段と低い基準を容認する方向の様です。
 昭和33年に制定された医療法精神科特例は、他科と比べて医者は1/3、看護は2/3で良いとされてきました。これは当時の精神病院建設ラッシュと密接に関わった規則であり、今日では時代錯誤で廃止すべきものです。しかし先の議論は、医師数はそのまま、看護も4:1としただけの他科と格差のある人員配置を提示しています。今日、心の時代といわれ、多くの自殺者を生み出している社会で、精神科医療がやっと社会的認知を受けつつあるこの時期、国は今後もスタッフ数の少ない貧しい精神医療を行おうというのです。
 実は、精神科には他科とは異なったニーズがあります。制度として強制入院があり、インフォームドコンセントに時間がかかったりと、実際は他科に比べてより厚い人員を必要としています。スタッフの質と量こそが治療手段なのです。
 何故精神科は他科より少ないスタッフ配置基準を今後も存続させていくのか、メモ作成を主導してきた厚生省は合理的説明をすべきです。
 ともかく、今回の改正で法律に盛り込むべきことは、まず医者・看護の他科と同等のスタッフ配置(16:1、3:1)です。
 また、施行規則には病室の構造設備に関して「・・外部への危害防止のために、遮断その他必要な手段を講じる」という条文が存在します。危害防止とは具体的に何なのか。精神病院の鉄格子や鉄の扉が、精神病者自身をおびえさせ、彼らへの予断や偏見を社会にどれだけ与えてきたことか。それが今日でも地域での社会復帰施設建設の反対運動がおこる理由の一つでしょう。今回のメモではただ「用語の不適切な使用があり・・」で終わり、言い換えでしのごうとしていますが、言葉の問題ではすまされません。専門委員は精神病者にたいする今までの国の差別や偏見に基づく施策を撤回させ、それを法律の中で具現化するという作業をぜひ行ってもらいたい。
 私達は第2回専門委員会に参考人として招聘され、今まで述べてきた特例や差別的記述で精神科や精神病者への偏見を助長するので、条文を撤廃するよう揃って主張してきました。しかし、それはメモ作成や議論ではほとんど無視され、何のために意見を述べたのか納得できません。次回の委員会では、ぜひ現状追認ではない、21世紀に向けた差別のない精神医療の実現への理念を持った議論を繰り広げていただくことを強く要請いたします。




●精神科特例の廃止は国民的課題
2000年9月1日                             
精神医療サバイバー&保健福祉コンシューマー   広田 和子


 鍵と鉄格子に象徴される閉ざされた時代遅れの精神医療機関から地域社会へ生還できた人を精神医療サバイバー(生還者)といいます。
 私は8月7日に「精神病床の設備構造等の基準に関する専門委員会」の参考人として、先に意見を述べられた2人の参考人同様、精神科は他科に比べて医者は1/3、看護者は2/3でいいと定めた精神科特例を廃止すべきだという意見を述べました。
 しかし、8月21日におこなわれた次の委員会での議論を傍聴していて、精神科特例が残ってしまうのではないかという危機感を持ちました。
 今迄に精神医療を利用したことで、多くの仲間たちが「心的外傷」を受け、「治療を拒否している」という現実や、精神医療での辛い体験が家族関係をも不幸にしているという現実を直視すべきです。
 こうした遅れている精神医療を存続させている大きな原因のひとつが精神科特例の存在だと思います。
 精神科特例を40年間も放置してきた厚生省の責任は大きく、ライ予防法や薬害エイズのように障害者や国民に謝罪して、抜本的改革を図るほど大きな精神科医療の基本問題です。
 多くの精神病院に今も装備してある鍵や鉄格子は、医師や看護職等のマンパワーの少なさを補うものとして存在してきました。
 その鍵と鉄格子は中にいる患者の人権を侵害しただけでなく、精神病患者に対する国民の偏見や差別を生み続けています。
 多発している中高年の自殺等“心の病”や、“精神の病”の問題が世間で重要視されている今日、精神科医療の改善は国民的課題です。
 もしこのまま専門委員会として精神科特例を残すという結論を出せば、我が国が21世紀という時代からも、世界の先進国の流れからも取り残され、国民は問題だらけの医療に身をゆだねざるを得なくなります。
 暗くて遅れた精神医療から、誰もが“安心して利用できる明るい精神医療”にするための現実策を次回の委員会で論議されることをサバイバーの私は強く望んでいます。




MIネットのホームへ戻る        記者会見のページへ戻る