陣痛促進剤被害

 以下の記述は、1999年10月23日に東京で行われた薬害根絶フォーラムで配られた、「陣痛促進剤による被害を考える会」発行のパンフに記載されているものです。ただし、一部見出し番号を着けるなどの変更を加えました。


  1. 陣痛促進剤による被害を考える会の概要
  2. 陣痛促進剤被害の実態
  3. 参考文献

被害の一覧データ:1992年10月1日、陣痛促進剤の添付文書改訂以降の副作用報告


1.陣痛促進剤による被害を考える会の概要

発足  1988年2月28目
動機

目的  陣痛促進剤の使用による悲惨な事故をなくし、安全なお産の実現を目指す。

活動

○92年10月と93年3月に、陣痛促進剤の添付文書に赤枠で警告欄が記載され、用法・用量、最大
 使用限度量、使用上の注意が大幅に改訂される。その後も、再三に渡り使用に際して注意喚起が
 行なわれている。
○さいろ杜から『病院で産むあなたヘ−クスリ漬け出産で泣かないために』を出版(95年11月〉新
 聞各紙で紹介される。「こんな本が欲しかった」と好評
○97年10月から「分娩における陣痛促進剤の使用とインフォームド・コンセントの実態調査」を行
 ない、母親学級及び使用の際にも陣痛促進剤の説明が十分提供されていない現状が明らかになる。
○子宮頚管熟化剤(マイリス*)の不適切な使用が頻発しており、製薬会社に使用実態調査と動物実
 験を依頼している。内分泌攪乱物質としての問題を提起している。
○これ以上悲惨なお産を体験することのないよう、安全なお産を求めて活動している。

会員  270名 被害者他、医師・保健婦・助産婦・看護婦・弁護士など

代表  出元 明美(でもと あけみ)
住所  〒706-0011 岡山県玉野市宇野4-7-1-502 電話 0863-32-2310 Fax兼用 
                           携帯 090-7126-4141 
                           E-mai1 fwnx3293@nifty.com

(*薬害資料館注:マイリスの危険性については、ここに文献を指示)

2.陣痛促進剤被害の実態

参考文献


yakugai-info@mi-net.org