<医療事故、医療の安全・質関係>

異常死と届け出義務
医療事故防止委員会
取り違え事故防止ガイドライン
診療ガイドライン

★異状死と届出義務について 2001.5.20発表

 https://www.mi-net.org/quality/ma/ijoushi_0105.htm

 2001年4月に、日本外科学会と四病院団体協議会がそれぞれ異状死と届出義務に関して見解を発表しました。医療改善ネットワーク(MIネット)としては、これらの見解には問題が多いと考えておりますので、以下のとおり意見を発表しました。

 <報道・紹介の例> 朝日新聞 2001.5.23

★医療事故防止委員会設置のすすめ

 医療改善ネットワーク(MIネット)は、各医療機関が院内に「医療事故防止委員会」を設置し、医療事故防止のための活動を行うことが重要だと考えています。
 そのため、「医療事故防止委員会要綱」を作成しました。
 詳しくは以下をご覧ください。

「医療事故防止委員会要綱」
 https://www.mi-net.org/quality/risk_m/jikoboushi_iinkai.html

 <報道・紹介等の例>
 2000年

★手術患者取り違え事故防止ガイドライン
          1999.1.18作成、1999.2.28改訂

 https://www.mi-net.org/quality/toritigae/toritigae.html

 1999(平成11)年1月11日に横浜市立大学医学部付属病院で手術患者の取り違え事故が発生したことが、1月13日に明らかになり、1月14日ごろから各メディアで報道されました。
 医療改善ネットワーク(MIネット)は、この報道の直後から会員用メーリングリストで議論を始め、同種事故の再発防止のために「手術患者取り違え事故防止ガイドライン」を作成し、1月18日に公表しました。
 その後に出されたご意見等を参考にして改訂を行い、第2版を2月28日に公表しました。多くの医療機関や医療従事者のかたに参考にしていただければ幸いです。
 詳しくは以下をご覧ください。

 <このガイドライインについて寄せられたご意見>
 https://www.mi-net.org/toritigae/toritigae_iken.html

 <報道・紹介等の例>
 1999年 2000年 

★診療ガイドラインについて

診療ガイドライン情報
https://www.mi-net.org/quality/so/guideline.html
 (随時更新中です。)