webzine 医療改善のために
第2号(2001年9月15日発行)
11

counter


<編集後記> 

 第2号から、早速遅延のお詫びです。本当は、8月中に発行されていなければならなかったのですが、今日になってしまいました。ひとえに、編集責任者の怠慢で、早くから原稿をいただいていた方、2号をお待ちいただいていた方には、お詫び申し上げます。

 その代わりといっては何ですが、3号は予定通り11月末に発行できるだろうと思っております。

 さて、MIネットは結成3周年を迎え、新たな飛躍を図っているところです。おりしも、医療制度改革の具体案が公表されつつあり、ますます患者に負担がもとめられています。市民運動の役割は、ますますじゅうようになるでしょう。高い負担に見合った「患者中心」の医療が実現されるように監視するのは、私たち市民が主体になって、医療に関わる専門家の支援を得ながら行うのが一番有効だからです。

 MIネットは、この課題を有効に果たすために、少なくとも数万人規模の市民運動を作り、インターネットの上ばかりでなくリアル・ワールドでもより多彩に活動したいと考えています。
 いっそうのご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

           MIネット世話人・Webzine「医療改善のために」編集責任者
                         森 隆比古・栗岡 幹英